読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エクシェルタの死神教会議事録

デュエルマスターズ、アニメなどの記事を書かせて頂きます。

デッキ紹介~連デモ~悪魔教



f:id:THEfevnir:20161113000413j:image

お久しぶりです、エクシェルタです。

もう11月ですね。ほんの一ヶ月前まで半袖で外出していたのが嘘みたいに肌寒くなってきましたね。

さて、今回はアウゼスが生まれ変わり再び連デモに戻った物を紹介しようと思います。

やはり、僕にはガウルしかありません。

度重なる鍛練と修行と試行錯誤の果てに連デモは強力になりました。(あくまで僕自身の感想です。)

仲間達の協力もあって随分良いものとなったように思います。


f:id:THEfevnir:20161102215331j:image

 ↑仲間達。

それでは紹介致します。


f:id:THEfevnir:20161102220230j:image

多分見えないですね。

デッキレシピを載せておきます。

2コスト

墓守の鐘ベルリン×4

一撃奪取 ブラッドレイン×4

3コスト

光牙忍ハヤブサマル×1

4コスト

聖黒獣アシュライガー×4

地獄の門番 デスモーリー×4

5コスト

インフェルノ・サイン×1

6コスト

悪魔精霊アウゼス×4

DNA・スパーク×4

7コスト

死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル×4

凍結の魔天ダイイング・メッセージ×2

魔刻の斬将オルゼキア×1

威牙の幻ハンゾウ×1

凶殺皇 デス・ハンズ×2

究極生命体 Z×1

極・龍覇 ヘルボロフ×1

狼虎サンダー・ブレード×1

9コスト

偽りの羅刹 アガサ・エルキュール×1

超次元ゾーン

極魔王殿 ウェルカム・ヘル/極・魔壊王 デスゴロス×1

と、こんなものです。

光と闇の二色の連デモです。

それでは動き方の説明などをしていきます。

こんなデッキの動き方くらい分かるわ!や、こんなデッキの説明なんていいから、と思う方も、どうか暖かい目で見守りください。

 

まず、2ターン目に一撃奪取 ブラッドレインを出します。

 

墓守の鐘ベルリンはハンデス対策兼速攻対策で、色合わせという意味でも入れています。

 

ブラッドレインが除去されなければ3ターン目で聖黒獣アシュライガーを出します。

ここで相手クリーチャーが厄介ならばデスモーリーで除去したり、ベルリンで守りを固めるなどを行う。

 

ここではブラッドレインとアシュライガーが生き残っている事を仮定して、4ターン目。

ブラッドレインの能力で1コス、アシュライガーの能力で2コス少なくなり、このターンで死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウルを出すことが出来ます。

または、他のデーモン・コマンドを出すこともできます。

5ターン目に行けばcipで破壊のできる究極生命体 Zや、狼虎サンダー・ブレード、魔刻の斬将オルゼキアなどで、相手クリーチャーを除去しながら頭数を揃えていきます。

 

うまく回ればそれなりのフィールドアドバンテージを得られます。

 

また、ヘルボロフや、デスゴロスなどとも相性がよく龍解条件の四体破壊の場合、墓地から出てくるZやシールドを犠牲に場に残れるハンゾウなどを利用すれば場を崩すことなく龍解時の能力で相性クリーチャーを破壊すればガウルの能力が誘発するので失った分のクリーチャーを補うこともできます。

 

弱点は、序盤のブラッドレインやアシュライガーなどを除去されたら、一気にスピードダウンすることですね。

何故自然文明を入れないかと言われたらできるだけ、連デモが成功するようにサポートカードを抜きたかったので自然は採用しませんでした、ついでにこのデッキは頭数が大事になってくるのでなるべくクリーチャーを多く出している方が効率がよいのです。

除去対策カードなどを入れたいのですが、それでデーモン・コマンドを抜くことになったら本末転倒などで今その事で悩んでいます。

皆さんからのアドバイスを待っています。

ちなみに、出すガウルの数は多くて二体までですそれ以上だすとライブラリアウトギリギリまで追い詰められるので。

是非とも作ってみて下さい。

では、そろそろ紹介を終了したいと思います。

そして、告知というか、実施というかこのブログの最後にネタに使ったアニメとブログ内に出てきたカードで"本日のカード"というオリカを提示したいと思います。

まだまだ、出来たてのブログの初心者が何をいっているんだと思われそうですが、何かのネタか何かに使ってくれれば結構です。

編集技術は下手くそですのでご了承ください。


f:id:THEfevnir:20161103002417j:image

本日のカードはペテルギウスイラストの凶殺皇デス・ハンズ。

 

皆さんどうかこのブログを応援してください。

そして、デーモン・コマンドを使いましょう。