読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エクシェルタの死神教会議事録

デュエルマスターズ、アニメなどの記事を書かせて頂きます。

御茶の間デュエマ ロマネテウス・ホワイトⅡ世 VS 連ドラ(と思われた連ドラ)

YouTube投稿 デュエルマスターズ


御茶の間デュエマ ロマネテウス・ホワイトⅡ世 VS 連ドラ(と思われた連ドラ) - YouTube

前回紹介した新作ロマノフサインの初対戦です。

とくとご覧あれ。

御茶の間デュエマ 白黒究極 VS シャチホコ &白黒究極デッキ紹介

YouTube投稿 デッキ紹介 デュエルマスターズ


御茶の間デュエマ 白黒究極 VS シャチホコ - YouTube

今回のデッキ紹介は動画の方の僕に託します。

さて、新しくなった究極を見物下さい。

久々の動画投稿です。

YouTube投稿 デュエルマスターズ


第五回 御茶の間デュエマ 死神デッキ VS シュラ・ベートーベン - YouTube

久々の動画投稿。グライトくんと零夜くんはもうしばらく出れそうにないのでエクシェルタとラースでの対戦動画になります。ご覧下さい。

新作ロマノフサイン、名付けて「ロマネテウス・ホワイト・Ⅱ世」

デッキ紹介 デュエルマスターズ アニメネタ


f:id:THEfevnir:20170213003254j:image

皆さんこんにちわ、白と黒の龍を司る死神、エクシェルタです。

今回は僕の所持デッキの一つ、ロマノフサインを改造したのでそちらを紹介します。

名付けて「ロマネテウス・ホワイトⅡ世」!

なんかペテルギウス・ロマネコンティの超短縮版みたいな名前になりましたw

f:id:THEfevnir:20170213003324j:image

これがデッキレシピです。
f:id:THEfevnir:20170212233656j:image

では、回しかた。

1ターン目は何もしません。

2ターン目は「戦略のD.H アツト」もしくは「エマージェンシー・タイフーン」で手札と墓地を肥やします。とりあえず落とすのは

7~11コストのクリーチャー。

特に「邪眼教皇ロマノフⅡ世」、「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」、「神龍のイザナイ・ガーリック」の辺がいいでしょう。

3ターン目も同じく墓地と手札を肥やします。

4ターン目からは「パイレーツ・チャージャー」を使いましょう。墓地、手札を増やせるのはもちろん、次のターン6マナに持っていく事が出来ます。

そして、5ターン目、6マナ溜まっているので「煉獄と魔弾の記」を打ちます。

これで出すのは優先的に「邪眼皇ロマノフⅠ世」「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」「神龍のイザナイ・ガーリック」「邪眼教皇ロマノフⅡ世」ですね。

ロマノフⅠ世を出せば墓地に「煉獄と魔弾の記」があるのでそれでボルメテウスを出すなど出来るので無理にボルメテウスを最初に出す必要はありません。

神龍のイザナイ・ガーリック」で出すのは「邪眼教皇ロマノフⅡ世」か、「魔龍バベルギヌス」です。

バベルギヌスを出す場合は墓地に「クイーン・アマテラス」「完全不明」を墓地に落としておきましょう。

後のカードはⅠ世とⅡ世の補充の為の呪文ですね。

ちなみに「スクランブル・チェンジ」はガーリック、ホワイトを出す為に入っております。

彼らはバトルゾーンに残り続けるのが難しいですからこれでスピードアタッカーとして早期に出せれば頭数を並べたり、敵の盾を焼く事も出来ます。

さて、どうでしたか?

正直、強いかどうかはロマノフサインの性質上使い手次第になります。

ですが使っていてデュエマしている!という気持ちにさせてくれます。

本当に使っていて楽しいデッキです。

是非作ってみて下さい。

これからもこういうデュエマをするデッキを作っていきますので応援お願いいたします。

ありがとうございました。では。

初心者必見!低価格、強デッキ

デッキ紹介 デュエルマスターズ 初心者用デッキ 初心者必見 強デッキ


f:id:THEfevnir:20170207233111j:image

皆さんこんにちわ。デュエマ界の爆ちゃんことエクシェルタです。

今回は初心者にオススメできる低価格、強デッキの紹介です。

《注意!》あくまで初心者やこれからデュエマを始めようと思っている方へのオススメですので既にデュエマをしている方などからしたらつまらないかもしれません。予めご了承下さい。

 

という訳で今回紹介するのは「赤単速効」と呼ばれる種類のデッキです。

ちなみにデュエルマスターズの文明はよく色呼びされる事があります。

火文明が赤、水文明が青、自然文明が緑、光文明が白、闇文明が黒という風な色で呼ばれます。おっせかいかもしれませんが知っておいて損はない情報なのでこのまま読み続けて頂くと幸いです。

と、まあ色分けを説明した所で、今回のデッキは赤色単色(赤単)のデッキ構成、つまり火文明のみのカードで構築されたデッキです。

 通称「赤単ガトリング」と呼ばれるデッキです。

f:id:THEfevnir:20170123074506j:image

この音速ガトリングを主体とした速効、つまり早々から決着をつける事を目的としたデッキです。

とりあえず、何故このデッキがオススメかと

言いますと、このデッキとにかく早いんです。

通常デュエルマスターズは大体6、7ターン~10、11ターン位で決着がつきます。

しかし、最近では4、5ターン目には既に決着が着くのがほとんどですが、この赤単ガトリングはたったの3ターンで決着が着いてしまう恐ろしいスピードのデッキです。

他に3ターンキル(3ターンで決着が着く事を俗にこう呼びます)が出来るデッキは存在しますが値段が高いのと3ターンキルまでの過程が難しいものばかりなのであまり僕はオススメは出来ません。

さあ、そろそろガトリングの説明をしましょうか。

前述の通り3ターンキルにはそれまでの過程が難しいのがほとんどですが、ガトリングはとにかくコストの低いクリーチャーで殴るだけです。

では説明を。

f:id:THEfevnir:20170126074620j:image

とにかく1ターン目はこれ。

これがなければ3ターンキルは出来ません。

 
f:id:THEfevnir:20170126205152j:image
f:id:THEfevnir:20170126205215j:image
2ターン目は彼らを出します。

彼らは条件付きでスピードアタッカーになれるクリーチャーです。

上の《炎舌実況DJショー》はじゃんけんで勝てば、下の《爆冒険 キルホルマン》は出した時に山札から一枚目を墓地に置き、それが種族にドラゴンかヒューマノイドとあるクリーチャーならスピードアタッカーを得ます。

【スピードアタッカー】とは、召喚酔いをしないという意味です。

通常デュエマでは召喚したばかりのクリーチャーは召喚酔いと呼ばれるアタックできない状態なんですがスピードアタッカーは出したターンにアタックすることができます。

そしてこのターン彼らがスピードアタッカーを得たらそのまま攻撃。その時に侵略と呼ばれる能力を発動します。

f:id:THEfevnir:20170207225933j:image

【侵略】とは、対象のクリーチャーの攻撃を宣言した時、つまりこの場合では火の侵略者、火のヒューマノイドが対象です。

つまりキルホルマンは火のヒューマノイドですからキルホルマンが能力でスピードアタッカーを得て攻撃するとき手札からこの音速ガトリングをキルホルマンの上に乗せる事が出来ます。これを侵略と呼びます。

侵略はいわゆる進化と同じで、乗せた時点でキルホルマンはガトリングというクリーチャーに変わります。つまり、ブレイク数、パワー、能力は全てガトリングに上書きされます。

ここで、wブレイク。更にブレイズクローは毎ターン必ずアタックしなければならないのでここでもブレイク。

この時点で相手のシールドは二枚。

これは今2ターン目の段階です。

そして3ターン目、この段階ではもう既にダイレクトアタックまでの当たりは足りていますが念のために3コストのスピードアタッカーを出しましょう。

f:id:THEfevnir:20170207231233j:image

f:id:THEfevnir:20170207231243j:image

彼らのような確定スピードアタッカーを出し、当たりは確実に足りました。

つまり、ここで全てのクリーチャーが攻撃して、ダイレクトアタック。

今までここまで簡単に3ターンキルが決まるデッキはありませんでした。

それにとても低価格で作れます。

しかし、このデッキはあくまで初心者でも勝てる強力なデッキであっておそらく友達などと遊んでいてもあまりデュエマをした気にはならないと思います。

なので、僕は初心者で勝ちたいと思う方にこのデッキをオススメいたします。

もし、デュエマを普通に楽しみたいなどありましたらコメントを下さい。初心者が楽しめるようなデッキを作りますので。

これからもいろんなデッキを作れるように努力いたします。では。

 

バグ丸ドンxデッキ

デッキ紹介 デュエルマスターズ

皆さんこんにちわ、死神のエクシェルタです。

またブログ更新が空いてしまってすみません。

今回は前回予告したバグ丸ドンxデッキの紹介をしたいと思います。

まずはこちら
f:id:THEfevnir:20170207215352j:image

端的にいえばビートダウン。バグ丸ビートを応用して作ったドルマゲドンxを使ったデッキです。

ちなみにバグ丸ビートとは


f:id:THEfevnir:20170207215713j:image

このバグ丸くんというカードと

f:id:THEfevnir:20170207215740j:image

味方全員にスレイヤーを付加する3コストのd2フィールド、オーバーキル・グレイブヤードとのコンボを駆使した除去コントロールデッキです。

では使い方の説明です。

1コストクリーチャーが存在しますが1ターン目は特に何もしません。

2ターン目は相手クリーチャーがいる場合はバグ丸くん、相手クリーチャーがいない場合は終断α ドルーターを場に出します。

f:id:THEfevnir:20170207220454j:image

ルーターは「友愛の天秤」のクリーチャーバージョンです。

3ターン目は考え所です。慎重に相手の出方を伺う場合オーバーキル・グレイブヤード、早々から禁断爆発を狙う場合はリロード・チャージャーです。
f:id:THEfevnir:20170207220909j:image

このカードは先ほどのドルーターのドロー数が一枚になったかわりにチャージャー、この呪文を唱えた後に墓地に置くかわりにマナゾーンに置きます。

ちなみにこのカード達で落とすカードは

f:id:THEfevnir:20170207222056j:image

これです。

このクリーチャーは墓地から出てこれるので墓地に落とすのにぴったりなカードです。

4ターン目、とりあえずここではオーバーキル・グレイブヤードを出したということで、ここではあまり決まった動きはないので除去用にバグ丸くん、手札補充にドルーター、相手の妨害にエンターテイナー、この辺のクリーチャーを出しましょう。

そして、5ターン目、相手にクリーチャーがいる場合禁断vモードスを出しバグ丸くんを戻して相手クリーチャーを除去しましょう。

f:id:THEfevnir:20170207221854j:image

更に5コスト以上の闇のコマンドなのでドルマゲドンの封印を一つ開放します。

 もしくはドルハカバを場に出します。

どちらにせよこのターンでは封印を一つ解除したいですね。

6ターン目以降はもう特にする事はありません。先のクリーチャーを繰り返し出し、殴り続ける用なデッキです。

f:id:THEfevnir:20170207222658j:image

f:id:THEfevnir:20170207222711j:image

ルーター、リロード・チャージャーで手札を墓地に落とす場合らドルハカバの他にこいつらもオススメです。こいつらは墓地から侵略することが出来るので墓地にいても安心です。後、ドルハカバを出す場合はこいつらが欲しいところですね。

f:id:THEfevnir:20170207223110j:image

f:id:THEfevnir:20170207223158j:image

後は相手への妨害や禁断爆発のサポートを駆使するだけですね。

フィニッシュはドルマゲドンを禁断爆発して畳み掛けましょう。

まあ、こんなものですね。

このデッキに改良を加えるならバトクロス・バトルやハンゾウなど強力なコマンド召喚を入れればいいですね。

では、今回はこんな感じでした。

なにか、質問や指摘がありましたらお気軽にコメント下さい。

ドルマゲドンxを当てた動画です。

よろしければどうぞ。

バグ丸ドンXバイク型ビート

皆さんあけましておめでとうございます。

誠にお久し振りです。

長々とブログ更新をしなくてすみません。

この度はいろんな事情が重なり、なかなかブログを更新出来ませんでした。

それと前回の謎の記事はとりあえず年明け直後に更新したかっただけです。

すみません。

心の底からお詫び申し上げます。

 

はい!死神紳士エクシェルタです。

 死神にとっても正月は楽しいものですよ。

今回は新年一回目デッキ紹介を行います。

名付けて「バイク式バグ丸ドンX」

その内容は......  次回!